霧環境実験施設

fogspace labo

イメージ写真

施設の特徴

■自然光のもとでの評価試験が可能です。

■有効直線距離で約50mの空間を霧の状態にできます。

■霧の濃度はコントロールできます。

 

施設の概要

本施設は評価機器設置棟(実験室)・1号ガラス棟・緩衝棟・2号ガラス棟 ・ 付帯設備により構成されます。

 

50m級実験評価機器設置棟

    W:6.5m × L:7.6m× H:4.7m

1号ガラス棟

    W:7.5m × L:18.0m × H:4.2m

緩衝棟

    W:6.5m × L:4.6m × H:3.7m

2号ガラス棟

    W:6.5m × L:22.2m × H:4.1m

 

設備

霧発生装置・霧発生システム設備
    自然に近い霧の粒子
電 源
   AC100V60Hz3A

   コンセント6個

Wi-Fi  

散水設備
夜間用(調光付ライト・半防水蛍光照明)
備品
    ミーティングテーブル 3台

     椅子20脚 

  ホワイトボード(1800×900)

        トランシーバー2個

  コードリール(30m)2個

        延長コード5本  他

降雨再現設備  
  約50m
  1時間当り8㎜~25㎜の設定可能

霧環境実験施設ご利用

■各種機器評価試験用

 

有限会社グリーンサービス加賀は、霧の中でのセンサー感度の検証など様々な研究開発に役立つfogspace laboをレンタルしています。

 霧発生状況
霧発生前 霧発生後

降雨再現設備

 

 

弊社施設では、降雨再現設備も完備しております。

1時間当たり8㎜程度~25㎜程度の雨を再現できます。